ハシモトホームパワハラ課長の名前や顔画像は特定された?症状の内容がひどい!

こんにちは!

 

ハシモトホームのパワハラ疑惑が話題になっています。

パワハラ関連のニュースは多く取り上げられていますが、
未だにこんなことをする会社があるのかと驚きです。

 

今回は、ハシモトホームのパワハラ疑惑について調べていきます。

スポンサーリンク

ハシモトホームのパワハラ疑惑とは?

青森県八戸市にある住宅建築業ハシモトホームの青森支店に勤めていた40代の男性社員が、
上司のパワハラが原因で自殺したと損害賠償を求める訴えを起こしたようです。

 

このパワハラ疑惑の内容があまりにも幼稚でひどいんです。

 

パワハラの内容

上司の男性課長から携帯電話で「おまえバカか」といった内容のショートメールが複数回送られてくる

「なんぼ頭わりのや」「相変わらずダメポンだな!」といった内容のメールも複数回。

課長が「今まで大した成績を残さず」「あーあって感じ」「細菌」「頑張ってない様ですが」という言葉が「症状」を作り男性社員に渡す。

 

課長が作ったという「症状」の画像はこちら(河北新報オンラインニュース)

大の大人がよくもまぁここまで幼稚なことをするなという感じですね。

そして、このような上司のパワハラで重度のうつ病を発症し、
自殺の原因となったとして労災認定されています。

スポンサーリンク

ハシモトホームのパワハラ課長の名前や顔画像は特定された?

あまりにもひどいパワハラ疑惑のあるハシモトホームの課長ですが、
名前や顔画像は特定されたのでしょうか?

結論を先に言うと、課長の名前や顔画像は特定されていないようです。

 

ハシモトホームのHPには採用ページに、社員紹介として顔画像付き4名のインタービューなどの掲載がありますが、どこの支店の方なのかも不明、役職などの記載がないため課長に当たる人が誰なのかも不明です。

※現在は採用情報のページが開けないようになっているようです。
他の社員の名前や顔写真が載っていたためだと思います。

 

HPを見る限りでは、このようなパワハラを行うような会社には見えませんが、
余興で「症状」を会長の名前入りで作って渡してしまうあたり、会長も企業体質もそのような感じなのかもしれませんね。

そして、労災認定されているにも関わらず、会社側から遺族に謝罪は無いそうです。

 

今回の件についても、橋本社長は取材に「訴状を確認しておらず、現段階ではコメントできない」と答えている当たり、ここまで大きなことになるとは思っていなかったのかもしれませんね。

謝罪でもしていれば「真摯に対応する気がある」とも受け取れたかもしれませんが、
他のパワハラ事件とは段違いでひどいと感じますね。

 

ちなみにハシモトホームのTwitterも鍵がかけられて過去の投稿を見ることが出来ません。

ハシモトホームパワハラ課長の名前や顔画像は特定された?症状の内容がひどい!1

こんなことをする会社、何か不味い投稿でもあったのかななんて思っちゃいますよね。

世間の反応

まぁ当たり前ですが、皆さんハシモトホームの行ったことに対しての強い批判ですね。

まずはしっかりと謝罪をすべきなのではと思ってしまいますが、
今後の展開はどうなっていくのでしょうか。

新しいことが分かり次第追記していきます。

スポンサーリンク

まとめ

ハシモトホームのパワハラ課長について調べてきましたが、
現時点では名前も顔画像も特定されていません。

おそらく今後も特定されることは無いのかななんて気がしますが、
事がことだけに特定に動く人が出てきそうですね。

最後まで読んで頂きありがとうございます!それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA