滋賀銀行年末年始2021-2022のATM手数料と窓口営業日や時間について!

滋賀銀行年末年始2021-2022のATM手数料と窓口営業日や時間について!3

こんにちは!

 

滋賀銀行の2021~2022年にかけての年末年始の営業がどうなっているのか気になりますよね!

急な出費な時に便利なのがATMですが、なるべく手数料は払いたくないものです。

 

ということで、滋賀銀行の年末年始のATMの営業時間や手数料、窓口営業をまとめていきます!

スポンサーリンク

滋賀銀行年末年始2021-2022のATM手数料は?

滋賀銀行のキャッシュカードで年末年始にATMを利用した場合の手数料をまとめていきます。

まず、年末年始の銀行の営業日は銀行法で決められています。

滋賀銀行2021-2022の年末年始営業

12月31日:休業

1月1日:休業

1月2日:休業

1月3日:休業

12月31日から1月4日までの間は、
例え平日で滋賀銀行のATMでも引出や預入の利用は土日祝と同じ手数料がかかります。

 

分かりやすいように、2021年12月27日からのATMと窓口営業についてまとめてみます。

滋賀銀行年末年始2021-2022のATM手数料と窓口営業日や時間について!1

△の日にATMを利用すると土日祝と同じ扱いになるため手数料がかかります。

なので、ATIM手数料を払いたくない場合は、
滋賀銀行キャッシュカード&滋賀銀行ATMで2021年12月30日午後6時までにお金を引き出して、
2022年1月4日午前8時45分以降にお金を引き出せば手数料はかかりません。

他行のキャッシュカードで滋賀銀行ATMを利用する場合

滋賀どこでもATMネット提携金融機関京都中央信用金庫池田泉州銀行
キャッシュカードで引き出す場合の手数料は以下の通りです。

ATM営業時間 ATM利用手数料
平日 8時~8時45分 110円
土日祝 8時~21時 110円
スポンサーリンク

滋賀銀行キャッシュカードで他行ATMを利用する場合の手数料

ここからは滋賀銀行のキャッシュカードで他行ATMを利用した場合の手数料をまとめていきます。

滋賀銀行は、コンビニATM、イオン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATMと提携しています。

滋賀銀行キャッシュカードでコンビニATMを利用

ATM営業時間 ATM利用手数料
平日 0時5分~8時45分 220円
平日 8時45分~18時 110円
平日 18時~23時55分 220円
土日祝 0時5分~23時55分 220円

預入の場合も同じ手数料がかかります。

年末年始で預入れはあまり行わないかもしれませんが、
引出と同じように手数料がかかることを覚えておきましょう!

滋賀銀行キャッシュカードでイオン銀行ATMを利用

ATM営業時間 ATM利用手数料
平日 8時~8時45分 220円
平日 8時45分~18時 110円
平日 18時~21時 220円
土日祝 8時~21時 220円

イオン銀行のATMを利用した場合、平日でも手数料がかかりますが、
年末年始の12月31日から1月3日までは終日220円の手数料がかかります。

滋賀銀行キャッシュカードでゆうちょ銀行ATMを利用

ATM営業時間 ATM利用手数料
平日 7時~8時45分 220円
平日 8時45分~18時 110円
平日 18時~23時 220円
9時~14時 110円
7時~9時、14時~23時 220円
日祝 7時~23時 220円

ゆうちょのATMは店舗により営業時間は異なりますが、
最長で7時から23時まで利用できます。

滋賀銀行2021-2020年末年始の窓口営業はいつまで?

続いては、2021年12月27日から2022年1月5日までの
滋賀銀行の窓口の営業日についてです。

先ほど載せた表と同じものです。

滋賀銀行年末年始2021-2022のATM手数料と窓口営業日や時間について!1

窓口の営業もATMと同様に平日扱いは2021年は12月30日まで、
2022年は1月4日から窓口営業が始まります。

12月31日から1月3日は窓口は営業していないので注意してください!

 

もし、滋賀銀行窓口で手続きをしなければいない場合は、
2021年12月30日水曜日午後3時までに手続きを終わらせてくださいね!

特に年末は窓口が混雑しますし、大事なことも忙しさで忘れがちです。

時間に余裕をもって早めに手続きに向かうようにしてください!

 

年末年始の12月31日から1月3日まではすべての店舗で休業なので注意が必要ですよ!

スポンサーリンク

滋賀銀行の年末年始の振込はどうなる?

年末年始は、窓口やATMを利用した振込手続きも注意が必要です。

特にATMで時間外に振込手続きをする場合は注意が必要です。

 

注意しなければいけないことは、
滋賀銀行ATMの平日の営業時間内に振込手続きを済ませば、
他行口座でもその日の内に振込が行われますが、
営業時間外だと翌営業日の振込になってしまいます。

 

翌営業日の振込みなので、年末年始に振込みを行うと振込みが完了するのは年を越して1月4日になってしまいます。

振込みからかなり時間が経ってから反映されることになってしまうので、
振込み期限があるものなどはかなり注意してください!

 

ATMを使って振込みを時間外にすることはあまりないと思いますが、
年内に振込を済ませる必要がある場合は、
忘れないようにメモをしたり、スマホのスケジュールに入れておきましょう!

不安なら窓口で振込手続きをしてしまうといいかもしれませんよ!

モアタイムに参加している滋賀銀行は問題ない!

年末の振込みは注意が必要と言いましたが、
滋賀銀行は『モアタイムシステム』と呼ばれるものに対応しています。

振込先がモアタイムシステムに対応していれば、
土日・祝日関係なく即時振込処理を済ませることができます。

なので、振込先の金融機関が対応していれば、即時に振込がされます。

 

ほぼすべての金融機関がこのモアタイムシステムに参加しているので、
もしもの時の振込みでも振込みがすぐに反映されるので安心ですよ!

モアタイムに参加している金融機関をここに全てを載せることは無理なので、
モアタイムシステム参加金融機関一覧(全国銀行資金決済ネットワーク)
を参照してください。

 

 

まとめ

年末年始の滋賀銀行の営業についてまとめてきました。

12月31日から1月4日までは窓口は営業しておらず、
ATMも手数料がかかるので注意してくださいね!

最後まで読んで頂きありがとうございます!それではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA