アメリカ異例の声明の意味や原文は?ロシアへの追加制裁決定で日本がリーダに!?

アメリカ異例の声明の意味や原文は?ロシアへの追加制裁決定で日本がリーダに!?1

こんにちは!

 

ロシアのウクライナ侵攻が始まってから、各国が追加制裁を発表していますが、
日本も欧米とともにロシアの大手銀行などを国際決済網から排除する措置に参加することを発表しました。

 

これを受けてアメリカのホワイトハウスが出した異例の声明が話題になっていますね。

その内容が気になったので調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

アメリカ・ホワイトハウスが異例の声明って?

ホワイトハウスが出した異例の声明が話題になっていますが、
何が異例なのか簡単に言ってしまうと、
日本のロシアへの対応に特化した声明が出されたことが異例なんだそうです。

 

何で異例なのかあまりよく分かりませんが、
ヨーロッパ、アメリカといった欧米が主に追加制裁をしている今回の件に、
日本も一緒になって追加制裁の決定を歓迎した声明のようです。

 

今回は、日本経済新聞の記事に『岸田文雄首相と日本政府はプーチン氏のウクライナ攻撃を非難するリーダーだ』と書かれているので、それがネットで「日本がリーダーにされたの!?」「はめられたんじゃ!?」とSNSを中心に話題になっています。

ただ、その記事にはホワイトハウスの異例の声明の原文が掲載されていないので、
本当にそんなことが書かれているのか気になりますよね。

アメリカ異例の声明の意味や原文は?

ということで、ホワイトハウスが発表した”異例の声明”の原文を見てみましょう。

ホワイトハウスが発表した声明の原文はこちらです。

リンク先に飛ぶと、英文が掲載されていますが、
まずタイトルを翻訳してみます。

”異例の声明”のタイトル訳
ロシアの責任を追及する日本の発表に関するジェン・サキ報道官の声明

声明のタイトルを頑張って訳してみましたが、間違っていたらごめんなさい。

 

そして、気になる声明の内容はというと・・・

我々は、日本が本日、欧州委員会、フランス、ドイツ、イタリア、英国、カナダ、米国とともに、ロシアを国際金融システムおよび我々の経済から孤立させるために立ち上がることを発表したことを歓迎する。日本の発表を受けて、G7全体が、ロシアの特定の銀行をSWIFTから切り離し、ロシア中央銀行を制限し、プーチン大統領を含むロシアの主要な指導者に制裁を加えることを支持することになった。岸田首相と日本政府は、プーチン大統領のウクライナ攻撃を非難するリーダーであり、今後も緊密に連携して、さらなる厳しいコストを課し、プーチン大統領の選択した戦争を戦略的失敗とするために取り組んでいく。

という内容になります。

日本語に翻訳するのが難しすぎたので翻訳ツールを使いましたが、
確かに原文にも岸田首相と日本政府は、プーチン大統領のウクライナ攻撃を非難するリーダーと書かれていますね。

アメリカ異例の声明の意味は?

しかし、翻訳ツールも完ぺきではないので和訳そのままの意味で受け取るとそうなってしまいます。

そこで私が注目したのが、原文や翻訳文の中に出てくるG7

 

G7は、フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダからなる組織です。

日本が追加制裁を決定したことで、G7が揃ったんですね。

 

このG7が揃ったということを頭において、先ほどの翻訳文を読み直してみると、
「岸田首相と日本政府は、プーチン大統領のウクライナ攻撃を非難するリーダーの一員」ととらえることもできます。

さらに”G7が揃った”、”リーダーの一員”を頭に入れながらそのあとの文をかみ砕いて読むと、
これからも関係を密接にして、我々は一緒にこの問題に取り組んでいくよ!
って感じになりますね。

なので、和訳のニュアンスそのままでないということですね。

 

その部分だけを抜粋した記事を見ると「日本がリーダー」と受け取ってしまうので、
それを誤解してSNSで話題になっているのかもしれません。

スポンサーリンク

結論!日本はリーダーの一員!

そのままの翻訳と意味で”この記事”を読んでしまうと
「日本がリーダー」と受け取ってしまいますが、
和訳のニュアンスとは違う可能性があります。

なので、今回の追加制裁に日本がリーダーにされたということではないようです。

 

新聞の記事だけではなく、原文全体を訳して良く内容を考えながら読んでいくと、
日本がリーダーにされたのではないということが分かりました!

日本経済新聞の翻訳の抜粋の仕方にも少し問題がありそうな気がしますね・・・笑

 

最後に

私もニュース記事を見た時は「えっ!?日本大丈夫!?」なんて思いましたが、
原文を読んだり訳してみたりすると、違うことがわかって少し安心しました。

ウクライナとロシアの話し合いも行われているようですし、
早く停戦されてほしいですね。

最後まで読んで頂きありがとうございます!それではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA