成人年齢引き下げでクレジットカードは18歳高校生でも契約できる?親の同意は?

成人年齢引き下げでクレジットカードは18歳高校生でも契約できる?親の同意は?1

こんにちは!

 

2022年4月1日から成人年齢が18歳に引き下げられますね!

18歳というと、高校3年生になる年齢だと思いますが、
成人年齢引き下げで18歳の高校生でもクレジットカードの契約ができるのか気になりますよね!

 

今回は、18歳の高校生でもクレジットカードを契約することが出来るのか調べていきます!

スポンサーリンク

「成人年齢引き下げ」クレジットカードは18歳高校生は持つことが出来る?

結論を先に言ってしまいますと、
18歳の高校生はクレジットカードを作ることが出来ません。

厳密に言うと、
18歳以上であっても高校生はクレジットカードを持てない
というクレジットカード会社や金融機関がほとんどです。

※金融機関やカード会社によっては、5年制一貫高校に通っている生徒は持つことが出来る所もあります。

 

なので、今回の成人年齢引き下げが行われても
今まで通り18歳で高校生の方はクレジットカードを持つことが出来ません。

どうしても持ちたいという方は、
家族カードであれば18歳高校生でも認めている金融機関やクレジットカード会社はあるので、
そちらを利用できるかどうか親と相談してみてください。

18歳で高校生以外であればクレジットカードは持てる!?

18歳の高校生はクレジットカードを持つことが出来ませんが、
高校を卒業して大学生や専門学生などになればクレジットカードを持つことが出来ます。

しかも、今までは親の同意が必要でしたが、成人年齢の引き下げがで親の同意必要なしで、
18歳と19歳の方がクレジットカードの契約を行うことが出来るようになります。

 

ただし、クレジットカードの契約には審査が必要なので、
その審査に通る必要があります。

ということで、主な審査内容をまとめてみますね!

 

クレジットカード審査内容

申込者本人の属性情報・・・契約者にどれくらいの支払能力があるかを推察するための情報

本人の信用情報・・・信用情報とは、各種ローンやクレジットカードの利用履歴など

 

主な審査内容はこの2つになるようですが、
支払い能力がないと判断されれば、成人年齢が引き下げられても契約することはできません。

 

初めてクレジットカードを持つ方は、
本人の信用情報というものは無いと思われるので、
収入がしっかりあって支払い能力があることが重要ですね。

スポンサーリンク

18歳と19歳のクレジットカード・カードローンの条件は?

先ほど説明したことと重なる部分もありますが、
18歳と19歳の方がクレジットカードを持つには条件が必要です。

成人年齢が引き下げられクレジットカードを持つことが今まで以上に容易になるので、
簡単にカードローンも申し込むことが出来ちゃうことになります。

 

なので、

カードローンで多額の借金が・・・

という事態に陥らないように、クレジット会社などにも一定の配慮をするように求められます。

貸したお金が返ってこなければクレジット会社にとっても痛手ですからね!

 

具体的には、収入の状況を示す書類の提出を求められるでしょう。

学生であればアルバイトが主な収入になると思うので、
その収入を見てお金を貸しても大丈夫な人なのかという判断がされることになりそうです。

信用情報が未熟で融資を受けられない可能性

クレジットカードやカードローン等でお金を借りたり、
ローンを組むには、年齢要件を満たすことは大前提ですが、
先ほども書いたように、「返済能力」「信用力」も審査で判断されます。

 

いくらアルバイトで収入があると言っても、
返済に見合うだけの収入がないと、審査に通ることが出来ません。

特に初めてクレジットカードを持つうえにバイトなどを始めたばかりの大学生などは、
信用情報があまりないためクレジットカードの審査に通るのは少し難しくなるかもしれません。

金融機関によっては対応を変えない可能性がある(以前のまま)

日本賃金協会が発表した『若年層の顧客に対する貸付方針・取組状況等に関する調査結果』では、
約4分の1の業者は貸し付けを行う予定としています。

残る4分の3は貸し付けを行わないということになりそうなので、
成人年齢が引き下げられても18歳と19歳がカードローンやお金を借りることは難しくなるでしょう。

スポンサーリンク

成人年齢が引き下げで注意することがたくさんある!

成人年齢が引き下げられることで、
18歳、19歳が親の同意なしで契約等ができるようになります。

成人になるということは、
今まで親に守られていたことが守られなくなるということに注意です。

 

簡単に言ってしまうと、成人になると親権者がいなくなるので、
親権者が契約の取り消しをすることが出来なくなります。

子供が間違えて契約してしまったから取り消しして」ということが出来なくなります。
アプリの課金トラブルで最近よくありますよね。

そのようなことに目をつけて稼ごうとする悪徳業者のターゲットになりやすいのでかなり気をつけましょう。

巻き込まれやすいトラブル

政府広報オンラインによると、
18歳・19歳や20~24歳の消費生活相談には、以下のような相談が多いということです。

 

気をつけたいトラブルなど

ダイエットサプリメント、除毛剤などの定期購入

洋服などの詐欺・模倣品サイト

アダルトや出会い系関係のトラブル

暗号資産(仮想通貨)や投資用USBなどの儲け話

マルチ商法やねずみ講の勧誘

親の同意なしで契約ができるとなると、
こういった誘いなどが増えてくるんですよね。

私も20歳を迎えたあたりから、
マルチ商法やねずみ講などの勧誘が増えたように思います。

厄介なのが、微妙に知っている、友人とは言えるか言えないかというラインの人が、
誘ってくることが多いんですよね。笑

 

久しぶり!今度一緒に食事でもどう?」なんてうまい言葉で誘って、
行ってみるとマルチの勧誘だったりとか・・・

成人を迎えると本当にそういった話が増えてくるので注意してください!

 

また、成人になったばかりだとそういった経験も少ないので、
あなたの親しい友人も騙されてしまっているケースもあります。

いくら仲が良いからと言って、そういった勧誘を真に受けずに、
一度親に相談してみる、ほかの人の意見を聞いてみるなどしてから判断するようにしましょう!

スポンサーリンク

まとめ

成人年齢が引き下げられても、
18歳高校生はクレジットカードを持つことが出来ません。

高校を卒業していれば20歳未満でも親の同意なしで契約することが出来ますが、
審査に通る必要があります。

 

また、成人を迎えるといろいろなことが自由にできますが、
それに伴ってトラブルに巻き込まれることも増えてきます。

ちょっと・・・と思ったことは、一度考え直してみる、
親に相談してみる、友人の意見を聞いてみるなどしてくださいね!

最後まで読んで頂きありがとうございます!それではまた!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA