節電ポイントは新電力も参加できる?申し込み方法やポイントの受け取り方は?

節電ポイントは新電力も参加できる?申し込み方法やポイントの受け取り方は?1

こんにちは!

 

節電ポイントがニュースなどで取り上げられて話題になっていますね!

これからもっと暑くなるので「節電」が呼びかけられて、
ポイントにも注目が集まってきそうです。

 

でも、節電ポイントって何なのか?

新電力も参加することが出来るのか?

受取り方法ってどうなってるのか?

参加するにはどうしたらいいのか?

そもそも節電ポイントって何?

ってよくわかりませんよね!

 

私もわからない点が多く調べてみたので、
一緒に勉強していきましょう!

スポンサーリンク

節電ポイントってなに?

まずはじめに、節電ポイントって何?ってことからです。

ということで、簡単にまとめてみました!

節電ポイントとは?

電力会社などが実施する「節電プログラム」に参加した家庭に、
政府が2000円分のポイントの支給を検討しているんです。

さらに節電を頑張った家庭にはポイントの上乗せも検討されています。

節電に協力した家庭には2000円分のポイントと、さらに対象の時間帯に節電を頑張ってくれたらポイントの上乗せをするから、節電の協力をお願いします!ってことですね!

どれくらいのポイントが上乗せされる?

例を挙げると、東京電力では対象の時間帯に「1kWh(1キロワット時) 」節電すると、「5節電ポイント」が付与されるそうです。

なんとも微妙なポイントですね・・・笑

 

ちなみに1kWhはどれくらいの電気料金になるのかを調べてみたところ、
東京電力を例にすると、
東京電力従量電灯Bの場合、電力使用量120kWhまで19.88円となっていました。

これから暑くなってくるので、
電力不足に対応するために節電ポイント付与を行って節電を促すという感じでしょう。

 

電気代節約、節電と言われると真っ先に冷房の使用を控えることが思い浮かびますが、
暑さを我慢してまでもらうポイント量ではない何ともびみょー感じ
ですね。笑

冷房の使用を控えて熱中症になったら元も子もないですし。

 

とりあえず節電に参加して2000円分のポイントだけもらうって感じになりそうな感じですね。笑

1kWh節電するためには?

使い捨てスプーン有料化はいつからで1本いくらになる?割り箸はどうなるの?1

東京電力では、1kWh節電で5節電ポイントがもらえるようですが、
何をどれくらい節電していいのか不明ですよね。

そのあたりも調べてみました!

 

家電の電力使用量

電子レンジの消費電力量(600W10分温):0.1kWh

掃除機の消費電力量(1,200Wの強さで1時間掃除):1.2kWh

ドライヤーの消費電力量(1,000Wの強さで15分使用):0.25kWh

こうやって見ると1kWhを節電するのはかなり頑張らないとだめですね。

ちなみに夏の時期の一般的な家庭の1日の電力使用量は約13.1kWhだそうですよ!

 

節電はエアコンの使用量を抑えるのが一番という感じになりそうで、
たった5ポイントのためにエアコンを我慢しようなんて気にならないですよね。

スポンサーリンク

節電ポイントの参加条件は?

節電ポイントの参加条件は今のところ詳しくは分かりませんが、
節電ポイントは各電力会社によってポイントが付与されることになります。

なので、各電力会社によって参加条件が異なる可能性もありますが、
とりあえず参加すれば国が2000円分のポイント付与、その後の節電次第で電力会社からポイントの付与されるということなので、契約している電力会社から何か発表があると思います。

新電力は参加できるのか?

ちなみに新電力で節電ポイントに参加できるのか調べてみたところ、
6月30日の時点ではソフトバンクの新電力「SBパワー」は実施するようです。

他の新電力が参加するかどうかは不明ですが、
政府は8月をめどに節電ポイントの制度を実施するとのことなので、
ご自身の契約している新電力は節電ポイントに参加することが出来るのか調べてみてください。

 

まだ政府も検討段階ということもあって、
申込受付やどのような制度になるのか発表している大手電力は東京電力のみです。(6月30日時点)

「節電に協力するとポイント還元します」という独自のキャンペーンを、
すでに行っている電力会社もあるので、一度調べてみてくださいね!

8月4日追記

全国には約700社の電力小売会社があるそうですが、
節電プログラムに取り組んでいるのは40社程度とのことです。

かなり少ないですが、ご自身の契約先がどうなっているのか確認してみてくださいね!

節電ポイントの受取り方法は?

中部電力独自と政府の節電ポイントがあって混同してしまうかもしれませんが、
ここからは政府の節電ポイントについてです。

節電ポイントの受取り方法ですが現時点では詳しいことは不明です。

2000円分のポイントが付与されて、
それが電子マネーになどに交換できるということなので、
何か申し込みが必要なのは間違いなさそうです。

 

政府が考えることですから、申し込みもひと手間ありそうですし、
受け取ってポイントに交換するのも手間がかかりそうな感じがしますね。

PayPayなどの自分が良く使うものにすぐポイント交換できればいいですが、
各家庭ということなので、節電ポイントの申込から受取り、ポイント交換まではそれなりの時間がかかりそうですね。

 

まだまだ政府も検討段階という感じで、8月からの実施予定・・・ちょっと遅い気が・・・笑

スポンサーリンク

節電ポイントの使用方法は?

政府が実施しようとしている節電ポイントは電子マネーなどに交換して使うことになりそうです。

いろんな種類の電子マネーがあるので、できればすべてに対応してほしいですね。

 

でも、電子マネーを使っていない人は、
これを機に電子マネーを使えってことなんですかね?

高齢者の方はなかなか使いこなせないかもしれませんし、
たった2000円のために暑さに耐えて節電して電子マネーで何かに使う・・・

ポイントをもらうよりも、節電頑張ったら電気代2000円値引き!
の方が良い気がしますが、皆さんはどう思いますか?

 

まだまだ分からないことだらけの節電ポイントですが、
7月中旬までには大体のことがわかってくると思うので、分かり次第追記していきます!

まとめ

調べてみると何ともびみょーなポイントがもらえる節電ポイント。

2000円だけもらってって感じの家庭が多くなりそうですね。

 

しかし、独自のポイントで還元も行われるので、
政府が実施のものと合わせるとまずまずのポイントを受け取れるのかな?なんて感じでしょうか。

今後ポイントの見直しなどもあるかもしれませんが、
そんなことするよりも原子力発電動かした方が電力不足の解決や、
価格高騰を抑えるのに早いんじゃないかと思うんですが・・・

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!それではまた!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA