キャンインベーダーって何?盗難防止方法やセキュリティ対策はどうすればいい?

キャンインベーダーって何?盗難防止方法やセキュリティ対策はどうすればいい?3

こんにちは!

 

埼玉県でキャンインベーダーという方法を使って車の盗難が相次いだとニュースになっています。

2日間で9台がこのキャンインベーダーと呼ばれる手法で盗まれたそうですが、
この手法ってどんなものなのでしょうか?

 

自分の車が盗難被害に遭わないようにするにはどうすればいいのか気になりますよね!

スポンサーリンク

キャンインベーダーって何?

埼玉県でキャンインベーダーと呼ばれる手口で、
9台のランドクルーザーが盗まれたそうです。

車の盗難でリレーアタックというのは聞いたことがありますが、
キャンインベーダーって聞いたことがないですよね。

 

キャンインベーダーを使った盗難というのは、
特殊な機械を機器を接続して、車の各部分に電子信号を送って制御する「CAN(キャン)」を乗っ取る方法だそうです。

CANって何?

CANというのは「Controller Area Network」の略で、
ドイツのBosch社が開発したシリアル通信プロトコルで、
現在はほぼすべての車に搭載されているものです。

また、OBDⅡって聞いたことがある方もいると思いますが、
これは簡単に説明すると自動車の情報が集約される機能で、
車の故障個所を知ることが出来るなど便利なものです。

 

このOBDⅡに繋がっている「CAN信号」の配線に専用の機器で侵入すると、
ドアロックの解錠、エンジンの始動、純正セキュリティシステムの解除などが出来てしまうのです。

 

ちなみに、OBDⅡのコネクターは運転席の下側についている場合が多いですよ!

白いコネクターでピンがいっぱいあるので探せばすぐ見つかると思います!

キャンインベーダーの手口って?

簡単にキャンインベーダーがどんなものなのか説明してきましたが、
その手口がどのようなものなのか気になりますよね。

 

手口を知っておけば、ある程度自分でも対策を立てれるかもしれません。

 

今回、埼玉県で起きたキャンインベーダーによる窃盗の手口は、
車のフロントバンパーを外してヘッドライトの裏側に特殊な機器のコードを接続、
CANを意図的に操ってエンジンを作動し、盗難していたそうです。

いろいろと調べていると、
キャンインベーダーを使った手口はバンパーから侵入するケースが多いようです。

 

ほぼすべての車に搭載されているOBDⅡなので、
盗もうと思えばどんな車種でも盗めちゃうことになりますよね。

純正のセキュリティシステムも解除できる、
エンジンの始動もできちゃうとなると対策ってどうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

キャンインベーダーの盗難防止方法やセキュリティ対策はどうすればいい?

では、キャンインベーダーを使った車の盗難から愛車を守るためには、
どのような防止策やセキュリティ対策をすればいいのでしょうか?

結論を先に書くと、
キャンインベーダーから完璧に車を守る方法は無いようです。

しかし、物理的な盗難対策をしておけば、
CANインベーダーを使った盗難などのリスクはかなり減ります。

タイヤロックを使う!

タイヤロックをしている車はあまり見かけませんが、
タイヤロックをしてあるだけでかなりインパクトがありますからね!

盗難に時間がかかりそうだと思われれば、
それだけ盗まれるリスクは減りますし。

 

ハンドルロックも使う!

キャンインベーダーって何?盗難防止方法やセキュリティ対策はどうすればいい?2

タイヤロックをした上に、
ハンドルロックもしていればかなり盗難対策の効果は上がるでしょう。

 

車の乗り降りに時間がかかってしまうというデメリットは有りますが、
車が盗難されることを考えるとタイヤロックとハンドルロックをしたほうがメリットは大きいですよね!

しかし、安かろう悪かろうで、
安いものを買ってしまうと解錠が簡単にできてしまう場合もあるので、
値段やメーカーで信頼できるものを購入するようにした方がいいと思いますよ!

 

監視カメラはあまり意味がない!?

監視カメラをつけている方もいると思いますが、
ニュース映像でよく見かけるのは、
監視カメラがあるにもかかわらずあっという間に車を盗んでいますよね。

 

顔を隠して短時間で犯行が終わるので、
監視カメラはあまり意味がなさそうです。

監視カメラがあるからやめておこうという気にはなりそうですが、
最近の大胆さを見ているとそれほど効果は無いのかななんて気もします。

社外のカーセキュリティーは?

純正のカーセキュリティーも解除してしまうキャンインベーダーですが、
社外のセキュリティは対策として効果があるのでしょうか?

車のセキュリティを専門にしている業者では、
常に最新の情報を元に開発しているということなので、
盗難から車を守る信頼性は高いでしょう。

 

しかし、犯人側がそのセキュリティシステムを購入して、
解析されてしまえば意味がなくなってしまうかな?なんて気もしますね。

ただ、社外のセキュリティがついてしっかりしているなと犯人に思わせられだけでもかなり効果があると思います。

私の知り合いも社外のセキュリティをつけていたんですが、
セキュリティを入れていなかった日を狙って車を盗まれてしまいました。

 

犯人側も時間がかかればリスクは高くなるので、
盗むのが面倒だなと思われるような対策をしていけば盗難されるリスクは減るかもしれませんね!

その分、自分が車に乗る手間が増えてしまいますが、
大事な愛車が盗まれることを考えれば対策を何重にもしておいた方がいいでしょう!

 

他にもおすすめの記事があります!

困窮学生に10万円が支給されますね!
困窮学生10万円支給の対象者や条件は?申請や受取り方法はどうなる?

困窮学生には10万円、こっちはクーポンと合わせて10万円!?
18歳以下一律10万円給付が国民一律になる可能性はある?不公平だと話題に!

罷免された人っているのでしょうか?
最高裁判所裁判官国民審査で罷免される条件は?罷免された人は過去にいる?

 

まとめ

キャンインベーダーを使った車の盗難が増加しているようです。

完璧な防止対策は無いようですが、
社外のセキュリティをつける、タイヤロック、ハンドルロックなどを活用していけば、
キャンインベーダーだけでなくリレーアタックなどからも愛車を守ることが出来そうです。

 

盗まれてからでは遅いので早めに対策をしておいた方が良さそうですね!

最後まで読んで頂きありがとうございます!それではまた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です